Home > スポンサー広告 > SB5.1VX 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > SB5.1VX 感想

Home > ハードウェア > SB5.1VX 感想

SB5.1VX 感想

取り付けたものの、マイクが使えない?!なぜ?!と悩んでいたところです。私の使用しているマイクは
audio-technica AT9642 モノラルマイクロホン
です。
プラグインタイプのタイピン型で以前使用していたPCでは問題なく使用できていました。
今は新しい型のが販売されているようです。下記↓

AT9904
AT9903

PCで使用するマイクは使用用途としてはSkypeやオンラインゲーム、FPSやボイスチャットだと思いますがモノクロで問題ありません。てかモノクロ型を買ってください。わざわざ増幅装置も必要ありません。AT9903は増幅装置付きですね。プラグから電源が供給されれば必要ありません(俗に言うプラグインタイプ)。ヘッドセット型もありますが、出来るだけ長持ちしてほしいためマイクとヘッドフォンは別々がイイと思っていますが、まあ初心者には一番トラブルが少ないのはUSB型のヘッドセットタイプが一番いいでしょう。
さて、前書きはともかく、マイクが・・・・接続を間違えていました?
オレンジの端子にマイクをぶっこんでました。説明書読まずにいじくってました。正しくは青色の端子がSB5.1VXではマイク/ラインイン端子でした\(^o^)/
Creative Sound Blaster 5.1 VXですがたった2000円ぽっちにしてはいい音がします。少なくとも安いUSBのサウンドディバイスよりも音の密度や細かさは良くなったと感じます。内蔵型サウンドカードにありがちなノイズも私の環境で発生していません。キャプチャーカードからの録音も問題なく出来ました。非常にお買い得なサウンドカードだと思います。




スポンサーサイト

Home > ハードウェア > SB5.1VX 感想

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。